MENU

FAILOVER SOLUTIONS

業務時間のピーク時に売上が急増したり、重要なデータが更新されたときに、会社の有線インターネット接続が遮断した場合の対策は取られてますか?

特に多くの支店や営業所を持つ企業様は、数分の通信ダウンでも会社全体に波及し収益・コスト・信頼性などに強烈な影響を与えてしまいます。

Tomo Networkは最先端のフェイルオーバー技術を使用することによって、何らかのトラブルによって通信環境が遮断された場合でも常時接続を可能にします。

CBA 850

  • 回線

    有線回線とは違い、数ヶ月の有線工事が不要なので、導入後はすぐに使用可能になります。

  • 導入

    既存の通信環境などは触れないので通常営業をしならが導入が可能です。

  • SIM

    複数のSIMカードが挿入可能になり、その中から速度が速い回線が優先されます。

  • 某大手ブランドショップの場合

    ブランドショップなどはクレジットカード決済が多く、クレジットカード使用する際はwifi通信を使用している為、もしその通信が途切れてまった場合、お客様の決済ができなくなりブランドイメージが悪くなってしまいます。

    ブランドイメージを守るためフェイルオーバーを利用しブランドイメージを維持しております。

  • 某空港会社の場合

    空港内の通信環境が遮断された場合は、空港会社のシステムにアクセスができなくなり、お客様の情報が認識できず、莫大な損害が発生することが想定されます。

    フェイルオーバーの機能を利用し通信障害が発生した際にも的確に通信を供給し、問題発生時にも対処できるようになります。

パッケージ一覧はこちらをクリックしてください